WINEBREAKER ワインブレイカー

現役ソムリエで二児のパパyosukeによる、ワインやレシピ紹介ブログ。人生に役立つ書籍レビューやブレイクダンスダイエットも。

僕とチェアーという技のこと②

「チェアーはコツというより慣れ」。そんな言葉を信じてひたすら練習に励むようすけ。そんなある時、体に異変が。なんだか

 


「背中が、痛い。」

 


ぼくは右手の肘を脇腹にさしてチェアーをするいわゆる「右軸」。で、その右脇腹にさした肘の対角線あたりにあたる位置、左側の背中が…

 


痛い。

 


引き攣るような、呼吸をするとむせ込んでしまうような、比較的鋭い痛み。寝起きは特にひどく、寝返りも打てないほど。

 


これはちょっとやばい。

 


仕事や生活に支障が出る…

 

 

 

ということで、病院へ。

 

 

 

すると先生から

「あー、ブレイクダンスねー、よくあるんだよ。はいこれ。痛みが引くまで安静にね」と、痛み止めとコルセットを渡される。

 


そうか、そんなもんなのか?

良くあるのか?

すごい痛いんだけど対応軽いな…

 


と思いながらも「良くある」という先生の言葉に多少気が楽になり家路に。

 


しかし、練習したいという欲求が引かないようすけは、コルセットを厳重に巻き、痛み止めを飲み、チェアーの練習を即再開するのでした(真似しないでください)。

 

 

 

ちなみに。

 

 

 

後で知ったことですが、

「チェアーの肘をさす位置」が少し違ったみたいでした。

当時のぼくは「腰骨に直接当てる」くらいの位置に乗せてたんですが、もっと前側…「腹筋と脇腹の間のへこんでる位置」くらいでいいみたい。今はそこにさしてます。

 


(つづく)