WINEBREAKER

現役ソムリエで二児のパパyosukeによる、ワインやレシピ紹介ブログ。一風変わった、けど効果抜群のブレイクダンスダイエットも。

今夜はパパがコックさん(37)〜鮭の中骨の缶詰のペペロンチーノ〜

食材がないわけじゃないんだけれども、残ったものが変に偏って結果料理しにくい…みたいなことがたまにあるんです。先日まさにそれでして「なに作ればいいんだ…」という状況に。

 

そこで助けになるのがパスタです!

冷蔵庫にあるもので大体なんかできますからね。

本日は、ありもので即興的に作ったわりに好評だったペペロンチーノレシピです。

 

f:id:sommelier-yosuke:20180920173047j:image

 

ペペロンチーノって基本的にオリーブオイルとガーリック、パスタのゆで汁の塩味で味を決めることが多いかと思いますが、今回はオリーブオイルと缶詰めのエキスでソースを作りました。

 

☆鮭の中骨の缶詰のペペロンチーノ☆

 

スパゲッティ…200g

鮭の中骨の缶詰め…1缶

キャベツ…1/8玉

にんにく…1片

オリーブオイル…大さじ1杯

唐辛子…2本(乾燥のもの。あればフレッシュでもOK)

塩・胡椒…適量

 

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩とオリーブオイル(分量外)を入れておく。完全沸騰したら鍋にパスタを入れて表示時間よりも1分程度少ない時間でゆでていく。キャベツは1センチ程度の正方形のイメージでカットしておく。

 

ニンニクをスライスし、フライパンにオリーブオイルをしき加熱する。フライパンがあたったまったら中弱火に落としてニンニクのスライスを入れる。焦がさないようにじっくり炒めながらニンニクの香りをオリーブオイルに移す。だいたい1分程度。

 

フライパンに缶詰めのエキスだけを流し入れる。油が跳ねるので注意しながら強火にして、一気にかき混ぜてソースを乳化させる。ソースが詰まりすぎて少なくなってしまった場合はパスタのゆで汁を適宜追加して量を保つようにする。

 

刻んだキャベツを入れて20秒程度炒め合わせ、パスタを加える。一気に和えこんだら鮭の中骨を加えて混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。

 

完成ー!

一気に仕上げる形になるので、お皿やスペースなどをあらかじめ用意して、スムーズに作れるような環境を整えておくとより良いんじゃないかと思います。

 

ワインとのマリアージュ

 

白ワインやスパークリングであわせてみたくなりますね。

MLF(ブドウの持つリンゴ酸を乳酸に転化させる工程。これをすることでまろやかで酸味が穏やかなワインになる)をかけていない、ドライな白なんかいいんじゃないでしょうか。

 

フランスならロワール、ブルゴーニュシャルドネがいいのかな。あとはオーストリアや最近注目のジョージアグルジア)ワインなんかもよさそうな感じがいたします。

今夜はパパがコックさん(36)〜鯖の味噌煮〜

シンプルですが、放置して作ることができるわりに手の込んだ感のあるさばみそ。日持ちもいいので、一度にある程度の量作っちゃうのもいいですね!

 

f:id:sommelier-yosuke:20180919120314j:image

 

☆鯖の味噌煮☆

 

鯖…2匹

 

生姜…4片

味噌…大さじ3杯

 

(A)

砂糖…大さじ4杯

しょうゆ…大さじ2杯

酒…大さじ4杯

水…150cc

 

鯖は3枚におろす。お店でやってもらうと楽だし汚れません。半身を1/2にカットし、皮目に✖️字の切れ込みを入れておく。

 

しょうがをせん切りにし、(A)と一緒に深めのフライパンにあわせて混ぜ合わせ、煮立てる。

 

②のフライパンに皮目を上にして鯖を投入。アルミホイルかクッキングシートを落し蓋にして中火で5分程度煮たら、味噌をといて足す。

 

弱火で15分程度を目安に煮詰め、お好みのトロトロ具合にソースが詰まったら…

 

完成!

 

刻み生姜を上に添えるのもカッコいいですね。

今回は忘れてしまいましたが…

 

🍷ワインとのマリアージュ🍷

 

ほくっとした食感のサバ、

甘辛に煮詰めたタレ、

生姜の香り…

 

ミディアムくらいの赤ワインがよく合います。

ベリーやチェリー系のエレガントなワインよりは、大地や樹木のような温もりのある赤。

 

スペインや、イタリア中部。

長野県のワインも良さそうですね!

品種はメルローやガルナッチャかなー。

 

あとはシェリー酒なんかも良さそうです。

シェリーであればドライながらコクのあるアモンティリャードはもちろん、甘口とあわせてみるのもなかなか面白そう!

 

鯖味噌の甘みとコクを、

甘口シェリーの甘さと灼けたニュアンスに合わせていくようなイメージになりますね!

 

パパ30年ぶりの読書感想文(5)~逃げ出す勇気 自分で自分を傷つけてしまう前に ゆうきゆう~

f:id:sommelier-yosuke:20180918215748j:image

 

「セクシー心理学」…ご存知でしょうか。ぼくがネット始めたばかりの頃に好きでよく見ていたサイトなんです(アダルトサイトとかじゃないですよ笑)。

 

心理学やメンタルがどうとかってサイトなのに、やたら遊び心あふれたページなんですよねこれがまた。

当時から「この人なにしてる人なの?名前もなんかふざけてるし、実在する人間なんだろうか」と思っておりましたすみません。

 

ちゃんと開業していらっしゃる、しっかりとした精神科医の先生だったんですね。

 

「スーパーリアルRPG」好きだったなあ…。

http://sinri.net/n/srrpg-log1.htm

 

 

「逃げる」って、イメージとしてはどうしてもネガティブですよね。なぜ「逃げる」という言葉にはネガティブイメージがついて回るのか?

 

それは「小さい頃からそういう固定観念にさらされてきたから」に他ならないと思うんですよ。

 

逃げるのは負け。

逃げるのはカッコ悪い。

逃げるのはいけないこと。

逃げるのはダメ…

 

でも「なぜか?」って問われると、意外とはっきり答えられない気がします。

逃げると何がダメなのか。「ダメだからダメなんじゃないの」みたいな。

 

あるいは

「逃げるようになると、逃げ癖がつく」

「逃げずに解決しないと、また同じ問題に直面した時にまた逃げ出してしまう」

といった理由を挙げる人も多いですね。

 

それらにしても根拠のない説のような気もしますし、また同じ問題に直面する日が来るのであれば、そこに備えてレベルアップしておけばいいって考えもありな気がします。それこそ、逃げ出した後にでもね。

心を病んだり自分を傷つけたりするよりはいいんじゃないでしょうか。

 

 

逃げ出した先は、必ず今よりも低いところになってしまうのだろうかというと、必ずしもそんなこともないのでは、と思います。

そしてこの本からは思い込みや精神論、常識にとらわれず「自分の身を守る方法」を、楽しく読み進めながら得ることができます。

 

メンタルの持ち方や気持ちの面でのいい感じの力の抜き方。

人からの悪意や攻撃のかわし方、言葉の受け取り方や受け流し方のテクニック。

 

親しみやすい事例をうまくからめながら、わかりやすく紹介してくれます。

 

飾り気のない表紙とは逆に、とても読みやすく、なにより筆者の読者に対する愛情がとても強く感じられる本ですね。

 

 

その中から実にヤバくて面白いお話がありましたので、紹介できればと思います。それは…

 

(抜粋)

心の中に「永遠の美女(美男子でもOK)」を常駐させるという方法があります。

 

 

…とのこと!何か嫌なことがあった時にはその理想の永遠の美女に「大丈夫だよ」「大好きだよ」と声をかけてもらい自分の精神を安定させていくという、なんともクリエイティブなテクニック!

 

ぜひあなたも、理想の異性とともに平穏な生活を送ってみてくださいませ。

 

ぼくも誰か心に住まわせてみようか。

妻には秘密にせざるを得ない禁断の技ですね。

 

 

どうですか?

ちょっと読んでみたくなりませんか?

 

仕事や人間関係に疲れた人。

未来に希望が持てずにいる人。

現状がいやでいやでしょうがない人。

変わりたい人。

 

そんな人に、特におすすめしたい一冊でした。

 

 

今夜はパパがコックさん(35)〜ガパオライス〜

週末のごはん。土日はオムライスとかパスタとか似たり寄ったりのおてがるメニューになりがちなので、妻の要望に応えて、ガパオライスです。

 

食材は冷蔵庫にあるものでやりました。でも本当はパプリカがあったらいいですね。

家にある鶏もも肉をミキサーでひき肉にして、食感のアトランダムさを出せるようにしてみました。めんどくさかったら市販の鶏ももひき肉でも大丈夫です。

 

f:id:sommelier-yosuke:20180915093008j:image

 

☆ガパオライス☆

 

鶏もも肉…1枚

卵…2個

バジル…15枚程度と、飾り用

 

玉ねぎ…1個

にんじん…1/2本

なす…1/2本

 

しょうゆ(あればナンプラー)…大さじ2杯

オイスターソース…大さじ2杯

砂糖…小さじ1.5杯

しょうがチューブ…5mmくらい

にんにくチューブ…5mmくらい

 

鶏もも肉を一口大くらいにカットし、フードプロセッサーでひき肉にする。あまり細かくしすぎないほうが、せっかくひき肉作る甲斐がある感じがします。

この手間が面倒な方は市販の鶏ひき肉でもOKです。

 

玉ねぎ、にんじん、なすをみじん切りにする。

ボールに調味料を混ぜ合わせておく。

 

フライパンにサラダ油をしいて野菜を炒める。野菜に火が通り玉ねぎが透き通ってきたら鶏肉を入れてさらに炒める。

 

別のフライパンにサラダ油をしいて卵を割り入れ、目玉焼きを作る。この時、

・蓋をしない

・さし水をしない

・弱火でゆっくり焼く

という3つのポイントをおさえることで、

・ふちがカリッと焦げて

・黄身はトロトロで、きれいな黄色

の、アジアンな雰囲気の目玉焼きが作れます。

 

③のフライパンに調味料を入れ、木べらでなじませながら炒めて、ソースをつめていく。ほどよくソースが詰まってシャバシャバ感がなくなってきたら、火を止める。

 

お皿にご飯を盛ったくらいのタイミングで、⑤のフライパンにバジルを入れて混ぜ合わせる。バジルは火を入れると香りが飛んで行ってしまうので本当に完成の直前に入れるイメージです。

 

⑥のソース、④の目玉焼き、飾り用のバジルを添えて完成!今回はご飯の上にパセリグラニュールも散らしてみました。

 

完成です!

 

なかなか簡単です。ひき肉を作る工程を入れても、洗い物含めて30分はかかりませんでしたね。今回のガパオ用ひき肉は、バジル入れる直前くらいまで作ったものを小分けして冷凍しておけば、いつでも簡単にガパオライスができます。

 

🍷ワインとのマリアージュ🍷

 

チリのカベルネソーヴィニヨンがいいと思います!

「チリの」ってのがポイントで、チリのカベルネの特徴として「ピーマンやししとうを思わせる、青みのあるフレーバー」が付与されることが多いんです。

 

その青みのある香りを、バジルの香りと合わせていくイメージですね。さらに甘辛でしっかりとした味付けのされたひき肉にも、ボディのしっかりとしたカベルネソーヴィニヨンなら負けません!メルローブレンドされていてもいいんじゃないかと思います。

 

よろしければぜひお試しくださいませ。

 

パパ30年ぶりの読書感想文(5)~図解 使える失敗学 畑村洋太郎~

 

人ってなんで失敗したりするんでしょうねー。

失敗はイヤなものですし、誰しもせずに過ごせたらそれに越したことはないって話なんでしょうが、それにしても世の中って失敗に厳しすぎやしませんか。

 

99%うまくできても、1%の失敗ばかりがフォーカスされて、話題にのぼるのは「あいつこんな失敗したんだぜ。あいつこんなダメなことやっちゃったんだぜ」ばかり…

 

あーもう、にどと失敗しないぞ。失敗だけは…

そう考えれば考えるほど体は緊張し、頭の中はいっぱいになり、体は汗ばみ…

 

あぁ!またやってしまった…!!

 

人間の脳って「否定形を理解できない」らしいんですよ。この前読んだなにかの本に書いてありました。だから「失敗しない失敗しない…」と考えるということは、

「失敗する自分」

「を、否定形で認識」←だけど、これはできない。

というメカニズムがあるとのこと。

 

だから、子どもにものを運ばせる時も

「こぼしちゃダメだよ!」

ではなく

「ぎゅっとしっかり持ってね」

が正解だという。なるほど。

 

 

ともあれ失敗しない人間なんていないわけです。そこを攻撃する人もいればフォローしてくれる人もいる。

失敗が0%になり得ないのならば、失敗からせめて学んでいこう。次につなげよう。

または自分がなぜ失敗してしまうのか?掘り下げてみよう!

 

 

そんな思いで読んでみたんですが、

なかなか面白かったです!

 

章立てがうまくできてるんですよね。

立体的というか。

 

まず

「失敗なくして発展はない」

「後始末は、被害最小の原理でやろう」

「人の力を借りて元気になろう」

といった入り込みやすいところを切り口に

 

「原因の分析の仕方」

「伴って、失敗を図表化して自分の傾向を知ろう」

という一歩踏み込んだ内容へ。

 

そこから

「重大事故に学ぼう」

「遺族の思いを知ろう」

などの、読み物としても読ませてくれる内容を経由して

 

「思いつきノートをつけよう」

「付加設計ではなくトータル設計をしよう」

と、実践的なミスへの対策を提案してくれたり

 

後半は

「新規事業は隣接分野でしか成功しない」

「新たに物事を始めた時、成功率は0.3%」

などなど、失敗をおそれて動くことのできない時に支えとなりそうな「失敗との向き合い方」をレクチャーしてくれます。

 

立体的といったのは「誰が読んでも、どこかしらは<面白い!>と感じる箇所、心に引っかかる場所がありそうだな」ということなんですよね。

 

 

あと「図が多くてわかりやすい」ですね。

講義と、その講義に伴った板書をあわせて体験しているような感覚です。著者はなんかの先生なんだろうかと思ったのですが、東大の名誉教授でした。畑村洋太郎氏。図解はわかりやすいものもあれば、正直ぼくでは理解の及ばないものも。

 

 

講義というパッケージを本という紙媒体に落とし込む時に絶対に失われてしまうものがいくつかあるのですが、そのうちのひとつが

 

「時間(過程・経過)」なんですよね。

 

この本の中で

「著者の論」

と、

「著者のイメージする図式」

が展開されるわけなんですが、たとえばこれが講義だと捉えると、

 

①著者が講義をする

②伴って、板書が作成されていく

③板書に関しての解説がなされる

④伴って、板書に書き足しが追加されていく

 

というプロセスをたどると思うんです。

ですが「本」というそれ一冊である程度完成した世界となっているもの基準では

 

・講義の内容

・レジュメ

 

というその2つが最初に100%提示されて、一気に目に飛びこんで来ざるを得ないんですよね。

 

別に、どっちがいいとか悪いとかではないんですか、この著者にこの書き方はあってるのかな?ってのは思いました。

ライブ感が得られないというか。

実際にお話聞くことができたら、もっとすんなり腑に落ちるところも多いんだろうなー。

 

 

さてそれでは、ぼくがこの本で気に入ったエピソードのひとつを紹介します。「橋」の話なのですが…

 

…世界の巨大橋には

「ひとつの構造の橋が崩落するまでに30年」

という周期性がある。

 

技術者は、橋が崩落するとまた新たな橋を設計し、それが崩落するとまた新たな橋を設計することで、より巨大な橋を設計してきた。

 

だが「巨大化すること」による新たな危険性、「危険な要素」が入れ替わったことに気づかずに、過去の成功指針にばかり頼って設計をする。

 

成功に対する社会の賞賛が技術者の傲慢を助長し、過去の失敗に学ぶことを忘れさせ

大惨事を引き起こしてしまうのだ。

 

「あくまで謙虚に過去の失敗にまなぶべき」というお話でした。

 

 

いかがでしたでしょうか?

どうせついて回るものなら、

味方につけた方がいいですよね。

 

予防・対処・切り替え・実践など、いろいろと教えてくれております。

 

さあ!

この本を読んで、

失敗のプロフェッショナルになりましょうー!

 

今夜はパパがコックさん(34)〜鶏モモ肉のホロホロ煮〜

暑さがひいてくると、煮込みを作りやすいです。コンロをひとくち弱火で放置してコトコトと煮込みながら、他の料理を作ったり洗い物や片付けしたり…。

 

そんなわけで、

①切る→②材料全部鍋に入れる→③煮る

という超カンタンスリーステップ放置でできるくせに、ホロっとした舌ざわりで妻と子どもどちらにも好評な、煮込みです。

 

寒くなってきた季節にぴったりの、ほっこり味です。

 

f:id:sommelier-yosuke:20180912214534j:image

 

☆鶏モモ肉のホロホロ煮☆

 

鶏モモ肉…2枚

じゃがいも…3個

こんにゃく…1枚

にんじん…1本

 

醤油…120cc

酒…60cc

砂糖…大さじ5杯

みりん…大さじ2杯

しょうがスライス…8枚

水…900cc

 

 

こんにゃくをざるにとり、熱湯をかけてあく抜きをしておく。

 

じゃがいもとにんじんの皮をむき、じゃがいもはやや大きめのひとくち大にカット。にんじんは、あればセルクルで型抜きするとかわいいです。なければお好みの大きさにカットで。

 

こんにゃくをカットする。今回は「手綱」という名前の切り方にしました。頭の短冊切りにしたこんにゃくの中心に切れ目を入れ、こんにゃくをそこの切れ目にくるっと通して仕上げるカットです。

文字では伝えにくいですね…ご興味あれば「こんにゃく カット 手綱」で調べてみてくださいませ。

 

鍋に調味料を全てあわせる。

 

④の鍋に①〜③の材料を全て入れて煮込む。

煮立ってきたらアクを取り、そこからは中火で30分程度、続いて弱火にして落としぶたをしたらさらに1時間程度煮込む。

 

完成です!

何かをやりながらできる簡単なお料理ですが、火の元だけにはお気をつけくださいませ。

 

今回は鶏モモでしたが、鶏手羽でもいいです。手羽も骨からの出汁がよく出て、美味しいですよー。牛スジもかなり美味しいんですが、牛スジをトロトロに仕上げるのであればもう少し煮込み時間を長くするか、圧力鍋使うのが良いでしょうね。

 

このお料理の具材は、ある程度なんでもおいしいです。

しいたけやゴボウもいいし、これからの時期におススメなのは、甘くてトロトロホクホクに仕上がるさつまいもー!

 

🍷ワインとのマリアージュ🍷

 

比較的薄味で、ほんのり香る生姜。

食感も「しっかり」でなく「ホロっと」。

そのあたりから考えるとあまり重すぎず、かといって線の細すぎない、ちょっと土や大地のニュアンスがあるような赤ワインが良さそうです。

 

最初ピノ・ノワールかなと思ったのですが、ブルゴーニュのものだと香りが華やか過ぎるし、カリフォルニアだと樽の感じが邪魔しそう。

 

ぼくの答えとしては、南仏ですね!

南フランス、ラングドックのピノ・ノワール

チリでもいいかと思ったんですが、チリのピノ・ノワールとしてしまうといろいろなスタイルがありますから…。ラングドックの方がイメージが固めやすいというか。

 

メルローやグルナッシュあたりがブレンドされていてもいいと思います。ラングドックのワインはお求め安い価格ながら美味しいものも多いので、よければ是非お試しくださいね!

 

 

 

パパのブレイクダンスダイエット(4)〜スワイプス〜

スワイプス!「パワームーブ」に分類される大技のひとつ。「大技なんて別に求めてないしできるわけねーよ!」と思わずにまあ読んでみてくださいよ。

 

ワインブレイカーにおきまして大事なのは

「大技の習得!」

ではなく、

ブレイクダンスを通して身体を作ること!」

 

邪道かもしれませんがいいんです!

なぜならばこのブログのテーマが

「世の中のパパよ、もっとカッコよくなっていこう!」

なのですから…。

 

ちなみにスワイプスって…

こんな技。

f:id:sommelier-yosuke:20180912113407g:plain

 

37歳、暦1年のぼくでも、

これくらいできるようになりました!

 

さてそんなわけでこざいまして。

本日ぼくが紹介するのはこちら。

「スワイプス習得時に、何度も行なう練習」

f:id:sommelier-yosuke:20180912113528g:plain

なのですが、これを続けていくうちに

「あれ?なんか…こんなに腰、というかお腹周り、スッキリしてたっけ?」

という感じになっていたんですよね。

 

気づいた頃には体重も体脂肪もそれぞれ-2kg、-2%となっておりました。

 

ご家庭でも簡単にできる練習なので、お腹周りをスッキリさせていきたいという方はぜひやってみてください。

 

そして、この動きが余裕でできるようになれば、あとはコツさえつかんで「スワイプス」習得だって可能かもしれませんよー!

 

回数的には

「10回✖️5セット」

を毎日やってました。

 

スワイプス習得を毎日の目標にしていたときは、10セットでしたね。

 

それでは!

画像とテキスト合わせてごらんくださいませ。

 

■横から■

f:id:sommelier-yosuke:20180911221203j:image

 

■前から■
f:id:sommelier-yosuke:20180911221159j:image

 

足を肩幅程度に開いて、反った体制から片腕で体を支えて腰を上げる。

片腕をまっすぐ地面につけること。

たぶんですが、この時の手は利き腕のほうがやりやすいかもしれません。

 

■横から■

f:id:sommelier-yosuke:20180911221225j:image

 

■前から■

f:id:sommelier-yosuke:20180911221231j:image

 

 

逆腕で勢いをつけ、パッと体を支える腕を入れ替える。

 

■横から■

f:id:sommelier-yosuke:20180911221249j:image

 

■前から■
f:id:sommelier-yosuke:20180911221253j:image

 

☆注意☆

 

片腕にかなりの体重、負荷がかかるため、肩や手首を痛めてしまわないように気をつけてください。最初に肩と手首は充分にほぐしておきましょう。

 

難しいひとは、下の動画のように、まずはゆっくりと体を支える左右の腕を入れ替えるところからはじめてみてください。

 

f:id:sommelier-yosuke:20180912113924g:plain

 

 

 

 

☆ポイント☆

 

・左右の手を入れ替えるときに、腰を落とさないこと!…これが最初はなかなか難しいかもしれません。支えている腕でグイッと床を押して、両足とお腹にも力を入れて、体が浮く一瞬を耐えるイメージです。

 

・手の入れ替えの時に、下半身は動かないよう固定します。逆に、お腹のひねりはきちんと意識していくこと!これがたぶんぼくのお腹周りをスッキリさせてくれました。そして、スワイプスを実際に習得する時にも役立つ感覚であります!笑

 

ちなみに、この練習を続けた結果できるようになったスワイプスが、こんな感じです。

f:id:sommelier-yosuke:20180912114731g:plain

 

もしも「この練習やりまくったけどできるようにならないよー!」という方。

 

ちょっと余談にはなるのですが、スワイプスは実は、ここで紹介した練習に加えて

・足の蹴り上げ

・踏ん張り

・腕のつく位置

・スピード

・姿勢

などなど…、様々な要素が合わさって回転することができる技なんです。

 

ためしにぼくも今回の撮影にあたり、

やったことのない「逆回転」をやってみると…

f:id:sommelier-yosuke:20180912115627g:plain

こんな感じになります…笑

理屈でわかっていても、コツが身についていない感じですね。

 

どうかぜひYouTube

 「スワイプス やり方」

で検索してみてください。

 

素晴らしい動画がたくさんあります!

見てるだけでも楽しい!

(…かどうかは個人差がありますが、あなたにもそうなってほしいなーと思っております)

 

ぼくのスワイプスも、できてるっちゃできてるんですが、上手いひとのはもっともーっとキレイでダイナミックで緩急があって、とにかくかっこいいです。

 

ちょっとお話がそれましたが、

体重減って

体脂肪も減って

ぽっこりお腹もスマートになって

スワイプスもできるようになって

みんなの前で披露してヒーローにもなれる!

…かも。

 

ブレイクダンス、楽しいのでおすすめです!

「もうそんな歳じゃないし…」

と言わず、一緒にはじめてみましょう!

 

今日が生涯で最も若く、

最も健康な日であるはずです。