WINEBREAKER ワインブレイカー

現役ソムリエで二児のパパyosukeによる、ワインやレシピ紹介ブログ。人生に役立つ書籍レビューやブレイクダンスダイエットも。

今夜はパパがコックさん(32)〜じゃがいもときのこのスパニッシュオムレツ〜

なにかと作るの苦手な地中海料理…なぜだろう。やっぱ和食が一番作りやすいな。けどこれもそのへんのスパニッシュオムレツには負けないおいしさのはず!

 

f:id:sommelier-yosuke:20180909204041j:image

 

☆じゃがいもときのこのスパニッシュオムレツ☆

 

じゃがいも…中3個

たまご…5個

しめじ…0.5パック

 

コンソメキューブ…2個

ナツメグ…小さじ1杯

バジルパウダー…小さじ1杯

 

バター…大さじ1杯

料理酒…大さじ2杯

 

じゃがいもは皮をむいて3mm程度にスライスする。フライパンにバターをひき、軽く塩をしながらじゃがいもを炒める。焼き目がついたら料理酒を加えて蓋をし、中火にかけて3分程度蒸し焼きにする。もしも水気が足りなかったらお水を適宜追加する。べしゃべしゃにはならないように。

 

①のじゃがいもが炒まったらいったん取り出してあら熱をとっておく。

 

ボウルに卵を割り入れて調味料で味付けし、塩コショウ(分量外)で味を整える。コンソメキューブは手でつぶしながら(固ければ包丁で削りながら)入れる。

ちなみにここでぼくが使っているコンソメキューブは、直方体の少し大きめタイプです。ましかく立方体のコンソメキューブであれば、4個くらいが適量かと思います。

 

③の卵に①のじゃがいも、ざく切りにしたしめじを入れて混ぜる。

 

深めの鍋(今回はミルクパンを使ってます)の内部に、バターを塗る。ゴムべらが伸ばしやすくてオススメです。

鍋を火にかけてほどよく温まったら、⑤の液卵を流し入れる。

ふたをして弱火で15分程度、様子を見ながら加熱する。もしも中心と外側であまりに火入れのスピードがずれて「中はまだ生卵なのに外側が焦げそう」であれば、思い切って鍋の中の卵を崩して混ぜる!

 

全体に火が入って卵が固まったら、ゴムべらを使って鍋と卵をはがしながら、お皿にパカっとあける。

 

パカっとした時はこんな感じ

f:id:sommelier-yosuke:20180909204322j:image

 

そんな感じで、完成です!

 

なんか今回感覚的な表現多めですみません。

 

🍷ワインとのマリアージュ🍷

 

やっぱりスペインワインですかね!

ナツメグとバジルの香り。

爽やかさと若干のエスニックなフレーバー。

 

以前樹齢の高い樹からのみ醸造される「オルモ」というスペインの白ワインを紹介しましたが、あれなんかは合いそうな感じがします。マカベオって品種のやつですね。

 

まあオルモマカベオは若干メロンとかそっち寄りのフレーバーなのですが、コクのある卵やじゃがいもとは結構いいかな!

 

オルモマカベオのテイスティング記事もあります↓

 

ソムリエが〇〇をテイスティングしてみた⑧D.O.Pワイン

https://sommelier-yosuke.hatenablog.com/entry/2018/06/15/100148

 

あとはアルザスピノグリージョなんかもクセのある味わいといえば言えるので、モノによってはなかなかいいと思います。ただ他のおかずとのマッチングがどうなのか…

 

とはいえワインは自由!

ということでいろいろ試していただければと思っております。